私の音楽日記

つぶやき日記

なごり花

 

 寒桜ってこんな感じ?

四季桜といってモミジなどと同じ時期に咲くサクラがある

f:id:waltz-123:20181121184511j:plain

  

 

金子裕則さん、昨年5月に脳梗塞で倒れられたそうで、

この作品は2018年5月なので

その後回復なさって、作曲、編曲などの仕事を

継続なさっている様子で安心した。

 

それとも、、、

ご病気以前に作曲して歌入れしたものなのか・・

 

昔から変わらない金子さん独特の情緒があり

切なさや哀愁が伝わってくる。

お会いする機会はもうないと思うけど

遠い所から金子さんの音楽を聴いて応援している。

 

今さらの話だけど、、

一度名古屋に仕事にきてくれたことがあり

珍しく電話をくれて、

「よかったらセントラルパークに聴きに来てよ、

 仕事後に時間あったらお茶しようよ」と。

 

確か合歓でASKA先輩に金子さんライブ時間を

メチャクチャにぶち壊された後、、

しばらくして電話あったかなぁ

 

真面目な人だから何か用事を入れなくては

「会おう」とは連絡しにくかっただろうし、

あの当時、彼が名古屋まで営業に出向くことは

大変な勇気と労力がいったと思うので

騒動後、音楽の仕事への意欲は前向きであると

伝えようとしてくれていた気がする。

 

職場を抜けだして金子さんのライブにでかけて

でも、なんか仕事の途中に抜けだした罪悪感で

目の前の金子さんに声をかけられなかった。

 

ライブを終えると金子さんは

ガードマンさん達にがっちり囲まれてしまい

引っ張られるようにその場を後にして

足早に立ち去られたから

お茶する時間はなかった・・

 

結局、それがお会いした最後になったけど

ホントはゆっくり会いたかった。 

 

 

もし ゆっくり話ができていたら、、、

私は金子さんのライブを楽しみにして

あの場所にいたわけだし

金子さんも1ステージ台無しにされたから

ASKAさんに賠償請求できたハズだよな 

 そこが釈然としないから

いつまでも記憶に残るんだけど・・・

 

彼は先輩だから?

先輩には何をされてもいいのか

と私は怒っていたし

屈するのがイヤだった。

自分の音楽の世界を壊されて黙っていられる

なんてミュージシャンとしてプライドないの?

と我慢できなかった。

 

ライブに甲乙も大小もないのだから

それを踏みにじる行為をしてはならない

 

指相撲。

 

aska-burnishstone.hatenablog.com

 

そうなんだ・・・

 

わたし、アームレスリングは勝てないけど

指相撲ならASKAさんに勝つような気がする。

今まで、男女問わず一度も負けたことがない。

 

妹の旦那さんたちはスポーツ経験ある人達だし

日頃から力仕事しているのに、

私と指相撲すると勝てなくて、私を怖がる。

 

とにかく指の力が強すぎて破壊的、

たぶん、指1本ずつが警棒のような硬さと強さがあり

ほんの冗談でジョブすると、相手が怪我をする。

骨折させたこともあって、、、シャレにならない。

 

私の指の力を知る人達は「女の指じゃないよね~」。

 

手袋をはめると一発でバリッと破れるし

トイレのドアノブもあちこちで壊したし、、、

 

一見、細くて弱そうにみえるから、皆さんが

「重い物は持たなくていいですから」と

気遣って下さるので好意に甘えている

 

バレルと恥ずかしいから指の力が強い事を

ひたすら隠して、か弱いフリをしている。

 

近所の鍼灸先生が、マッサージ師になるべき人材

出会ったことないほどの凄い指をしていると褒めてくれて

「内臓まで届く掴み方する指だね」とよく言われる。

ピアノ講師よりもマッサージ師の方が向いていたかも?!

 

 

 

ボヘミアン・ラプソディ映画

 

フレディ・マーキュリーの歌声、本当に美しかった。

鳥肌が立つほど美しい声だった。

未だに、あの伸びやかで透明感のある高音の美声を持つ

スターには出逢えていない。

 

 

 

原曲キー 楽譜

SOMEBODY TO LOVE ピアノイントロ部分

フレディ・マーキュリーの歌の伴奏しようと思って・・♪

f:id:waltz-123:20181108193427j:plain

 

 

ASKAさん、スッキリde完全復帰の様子を放送

 

 

f:id:waltz-123:20181106130221j:plain

 

f:id:waltz-123:20181106130341j:plain

 

 

今朝、スッキリの番組を見ていた。

ASKAさん、ステージでマイクの前で

熱唱する姿が放送されていた。

テレビ画面からも熱気と感動が伝わってきた

  

ステージに本格復帰して

待っていてくれる人が大勢で

取材を受けていたお客さん達も感極まり

興奮と歓びで涙が溢れていた

 

ASKAさん、はてなブログを始めた時から

私の気持ちを裏切らないミュージシャンで

二度と薬物に近づかない、音楽再始動、裁判、

剣道復活、CD発売、コンサート復帰、、、

確実に1歩ずつを進めてきた。

  

ASKAさん自身を大切に、人生を大切に

 

私はお金がなくて生活に精一杯で

会員にはなれないけど、CDを買って

ASKAさん作品をじっくり聴いて味わいたい

 

なるほど・・・、

aska-burnishstone.haten

ablog.com

 

「好転」「暗転」というわけではない・・・

なるほど

なんか少しヒントになった気がするなぁ

 

大殺界がminorで大吉がmajorに読めてしまい

なんか笑えてくる。

メジャーからマイナーに展開したからといって

曲が暗転してしまうわけでもなくて、、

先の幸せに向かっていく途中の線上にあるんだよ

みたいな、そんなふうに読めてしまう

 

理屈だけ並べると頭が混乱してくるから

好転と暗転の先に何があるのか

何か具体的に曲を分析して考えた方が良さそうだな

何の曲がわかりやすいかなぁ・・・

 

ハーモニーな1日になりそう