私の音楽日記

つぶやき日記

ピアノ指導とメンタルケア

午前中、生徒さんに指導をして
少しの時間ティーパーティーした。

昨日のうちに気になる電話を頂いていた。
今日はレッスンに来られるかなと心配したら...
笑顔を見せてくれて安心した。

調子の良い日、悪い日があるようで
最近は、あまり気分が乗らないとのことだった。

リストカットを重ねた過去があるそうで
「なんで手首切りたくなっちゃうの?」
と素朴な質問をした。

「なんか、一度スッキリしたくなるんですよ
 リセットみたいな気持ちで、その後から
 元気が出てくるみたいなね・・」
という返事。

「身体から血を抜いてスッキリしたくなるなら
 献血の方が喜ばれるよ」

「薬を服用していると献血が無理なんですよ
 献血好きなんですけどね」
と言われて、

「採血検査で血を抜くんじゃ物足りないの?」

血液サラサラにしたいらしい・・・

「あのね、、せっかくピアノを始めたのに
 手首を切っちゃうとまずいよ。
 指の神経まで切れちゃったらどうするの?
 痺れが残ったら弾けないよ。
 手首使うし、指が命なんだからさぁ
 とにかく、手を大事にしてくれないと困るから」

「そうなんですよね、、
 ピアノする以上は手を大切にしないとダメですよね
 だから手首を切るのはやめましたよ」

「、、わかればいいよ」

と、そんな話をしていた。

ピアノは「手が命」だからと話すと
素直に理解してくれた。
本当は身体を傷つけて粗末にしてはいけないよ
と言いたいけれども反発されると困るから。

苦しい気持ちはわかるけれども

手首を切ったところで何も解決しない

 

ストレスを溜めないようにするのは無理だから
「リラックスできる場所を増やしなさい」
と教えた。

ピアノは、実に正直に人の心を表すもので
演奏する人の音色を聴けば心の内もわかるほど
わかりやすいから説明がいらない。

ピアノで何か好きな曲を演奏できるようになり
楽しさを分かち合えたら、少しは私も協力できた
といえるのかなと思う。

ピアノ指導を始めてから、同時に
生徒さんのメンタルケアすることも増えたし、
私自身も人生を学ばせてもらっている。

函館の人

 

函館でカフェバーを営む男友達が

今、無事に名古屋に着いたよと

facebookで仲間達に知らせてくれた。

 

数日前にMessengerでやり取りした時に

今回、想さんに会う予定があるんだよと

教えてくれた。

 

想さんとは劇作家北村想氏のこと。

芝居の世界では著名な劇作家(演出家)で、

今でも有名な俳優や女優の方々が

北村想さん脚本の舞台に立つ。

 

私は、当時の制作プロデューサーから頼まれて

2度ほど想さん事務所の舞台の裏方を

手伝ったことがある。

前衛的な熱い芝居をする集団で圧倒された。

 

函館の友人は、昔はタレント事務所に

所属する演劇青年だった。

 

当時、私の勤務する事務所の隣に喫茶店があり

彼はウエイターのバイトしながら役者していた。

喫茶店の休憩時間になると、私の仕事する事務所で

くつろいでいた。

時々、北海道に住んでいた頃の話をしてくれた。

 

 

最近になり、Messengerでやり取りする中で

彼が若い頃に想さん脚本の芝居で東京青山円形劇場

舞台に立っていた時期があったのを教えてくれた。

 

しばらく、想さんから一緒に芝居をしないかと

アプローチがあったのにも関わらず

役者の道を断ち今ではカフェのオーナーしている。

 

なんで芝居を捨てたの?と尋ねたかったけど、

なんか教えてくれない気がして聞きそびれた。

多分、優しいから地元に帰って親孝行を

したくなったんじゃないかな

 

未だに想さんから酒を飲もうよと誘われるそうで

そういう仲だったの!?と知った。

 

なんで僕なんかに声をかけてくれるんだろう?って、、

そりゃ、魅力的だからでしょう?

今でも目力が強いんだろうな・・・

昔からイケメンだったからモテそうで

女の子に放っておかれなさそうだし。

 

想さんところの看板女優佳梯かこさんは

どうしてるの?と尋ねたら、

「去年、急に亡くなったんだよ」

と返信もらって、、

ショックすぎて言葉にならない。

 

お互いに元気に年取ろうねと約束した。

 

 

自分の演奏がどこまで通用するのかを試す機会

 

10月第2週火曜にライブハウスで2曲だけだけど

ライブハウス専属のピアニストさんと一緒に

連弾演奏を披露したところ、意外に反応が良くて

「すごく興奮しました!」

「連弾の生演奏をはじめて見たけど

 凄い迫力で驚いたし楽しかったです

「また聴きたいから演奏して欲しい」など

感想をいただいた。

 

お世辞かなぁと思ってみたり

連弾だからウケたのかな?と思ってみたり。

 

私にとって連弾は特別ではないけれど

ソロ演奏よりはインパクトがあって

お客さんも演奏者も楽しめると思ったから

ライブハウスでの連弾演奏は決めていた。

 

想像していた以上に反応が良かったけど、

ピアノ教室の生徒さんを増やすための

営業活動のパフォーマンスとしてはじめたこと。

「音大を出ていないんだから弾けるところを実演してこい」

と知人から叱咤激励され、まあバナナのたたき売りみたいなもの。

 

ただ、パートナーが見つからないと次に進めないので

「どなたかパートナーになっていただけないでしょうか?」

と募集をしたところ、その日のうちにピアニストさんから

「ご一緒しても良いですよ」と声をかけて頂いた。

 

ピアニストさんからは、ピアソラの「リベルタンゴ」か

「オブリヴィオン」にしませんか?とリクエストを頂いたので

そのうちライブで演奏できるように準備中のところ。

 

同日に、篠笛演奏家の方とも一緒に演奏する話になり

篠笛奏者さんから中島みゆき「糸」と中孝介「花」を

演奏したいとリクエストを頂いて伴奏することになった。

 

こちらのピアノ伴奏が手ごわい。

 

実は、ここだけの話だけど、、、

ポップスのピアノ伴奏が得意じゃない。

譜面上はクラシックピアノ作品の方が

技術的に難しくても理解しやすくて演奏しやすい。

 

ところがポップスのピアノ伴奏譜は理解しにくい。

 

なんでだろうか? 色々と考えてみた結果

リズム取りに対して、指の運び方が不自然で

えっ?そこに和音が飛ぶんですか?と、、、、

 

伴奏楽譜作者は、簡単すぎては申し訳ないと思うのか、

無理に複雑な伴奏付けが書かれてあり

無駄に派手な動きが必要になったりするので

音符や小節の数で金額決まるの?と思ったりする。

伴奏なんだから目立つ必要ないんじゃないの?

というのが私の持論。

 

クラシックピアノ作品は旋律部分があるし

内声とベースが合理的に演奏できるよう

効率的な運指があてがわれているので、

自然に脳が記憶しやすいようにできている。

 

ところがポップス作品て運指が定まらないから

脳に記憶することが難しくて、何度弾いても

頭に残らないので困ったなぁ、、、となる。

 

結局、面倒くさくなってきてギターコードの

和音を分解させて単純なアルペジオにするか

自分で弾きやすいように試行錯誤するうちに

毎回弾き方が変わってしまうので、

旋律を奏でる人がいてくれないと、

自分がどこを演奏しているのかわからなくなり

パニック状態!

 

でも、これがニガテなのでできません、、、とは

言いたくないので、「だいじょうぶですよ!」と

顔で笑って、まったく問題ないように取り繕っている。

けど、ホントはかなり不安かなぁ

 

 

 

ツリーに飾りつけ

                      f:id:waltz-123:20171106075855j:plain

                 昨日はクリスマスツリーを飾った。

 

寅さん、ダイスキ

www.tora-san.jp

 

3日おくれ~の たより~を~のせ~て🎶

あ、あんあ、あ~んあ コブシを回しながら

マドンナ京みやこさんが唄っていた。

寅さんて三枚目なのにキザで粋なことをする。

惚れっぽくて、すっごくシャイでカッコイイ。

自分でマドンナに花束を渡すのが恥ずかしいから

妹にコンサートチケットを譲って、お礼に

「花の1本でも渡してやってよ~」なんてね。

昭和のシャイな男の代表格かな・・

 

ハマっちゃって毎週見ている。

 

昔は「男はつらいよ」が好きじゃなくて

母が正月映画を観に行こうと誘ってくれても

別に見たくないし・・つれない返事をしていた。

 

一度だけ、母と観に行った時がサイアクで、

すぐ前に座った爺さんがデカイ声で自慢げに

「あのな、次はこうなるんじゃ」と笠智衆のような

語り口調でストーリーをベラベラ喋りまくり、

まだ笑うところじゃないのに先走って

大爆笑するのでシラケてしまった。

迷惑なナレーション爺さんはつまみ出して欲しい。

 

今どきのドラマで昭和の時代を演じても、どこか

空々しく無理にレトロな雰囲気を醸し出しているけど

寅さん映画の昭和の時代背景は全てが本物で、

そこには嘘がない。

ああ、木造校舎で窓ふきしたのが懐かしいなぁとか、、、

黒電話の音がリンリン鳴り響き、掃除機、テレビなど

全てのものから昭和の香りがしてくる。

 

スマホも携帯電話もネットもない時代だから、

今とは人との交流がまったく違っていて

お節介な人だらけで、何かあると人だかりができて

気づいたら、家の中に近所の人達が溢れかえっている。

 

高度成長期にはどこかから威勢のいいオジサンや

子供達の声がにぎやかな声が飛び交っていたし、

道路舗装工事が始まった頃で土埃が立ち

どこに行っても活気づいた町の勢いがあったなと

寅さんの人情に触れながら、自分自身の昔の時代を

すり合わせながら回顧して楽しんでいる。