私の音楽日記

つぶやき日記

ASKA 新曲オレンジの海作業過程

 

 

ASKA新曲。

この動画は作業過程のもので

どんな風に仕上がるのだろう?

 

コーラス、、

一瞬、チャゲさんが一緒に唄っているのかと錯覚した。

この動画の最後にチャゲ&飛鳥の写真が出ていたっけ

ソロで唄うには寂しい作品だから・・・

二人で並んで唄う日も近そう?

 

ブログで、チャゲさんのことを書いていたものね

「最高の相棒」だって。

そんなこと、どこにも書いていないって?

文章にない空白の行間に感じた。

チャゲさんにラブコール、愛を感じたかな

 

還暦頃を機に、CHAGEASKAを見られますように

いやあ~~~、マタセスギタネ~~!!!

その言葉を待っているファンは多いと思う。

 

ASKAは再び薬物に手を染めると言う人が多いし

今でも、たぶん、そういう好奇の目で見られている。

そういう疑心暗鬼の人々を良い意味で裏切って欲しい

 

リハーサル  ギター鳴らしながら口パクで何をつぶやいてるの?

 

昔、山口百恵の「美サイレント」という歌だったか

「あ・な・た・の・・・・が欲しいのです~♪」

あれって口パクでなんて唄ってるの?と話題になった。

 

それと、この「リハーサル」とどういう関係があるのかって?

ASKAが間奏中にギターを鳴らしながら

口パクで何かをつぶやいていたから。

 

やりたいことをやる! 

やりたいことを・・

とつぶやいているように思えた

 

強い意志が感じられる作品で

イメージとしてはシャドー・ボクサーのように

黙々と何かに向かって打ちつけているような

自身は影のように色のない世界の中にいて

周囲の鮮やかな景色や派手に化粧した

女の子達が動いているのが見えている。

 

ただ、自分のやりたいことをやるために

前に前に進むんだと思いが感じられた

 

 ちょうど1年前の2016年7月18日からASKAブログは開始した。

様々な作品は、薬物などに頼らなくても

ASKAの全身全霊のエネルギーで作られる。

だから薬物には二度と頼らないで

前に進んで頂きたい。

 

ASKA 東京

         今では珍しくなった赤ポスト    

    f:id:waltz-123:20170611095317j:plain

 

 

何回も聴いたよ

体が自然とリズムを打ちたく

なるような軽快なサウンド

 

1度目はリズム&メロディを聴いて

2度目は歌詞をしっかり聴く

3度目からは一緒に唄ってみる

 

東京って自然が少なく殺伐とした

イメージがあるんだけど

義理人情、人のつながりを感じる歌で

ASKAさんの心の前向きさを表している。

 

何十年も前に青年が故郷から東京にやってきて

いつの間にか東京での生活の方が長くなっていた

今では知り尽した街

東京を闊歩するASKAさんが目に浮かぶ。

 

確かに赤いポストは少なくなったね、、

でも田舎だから近所にあるよ

郵便屋さんが回収に来ているのかわからず

手紙を入れたことはないけど。

 

ASKA音楽は全国あちこちで聞かれている

CDを手にした人達に生の音楽が届けられますように。

 

 

陽のあたる坂道

 

 

どなたかが作成したカラオケ

素晴らしい出来だった

気持ち良く唄えました。

ありがとうございます

www.uta-net.com

 

 

ASKAの歌唱法をマネて唄うといいよ

1音ずつ下顎を落として吠えながら

フレーズを切らずにねばりつつ、、

きっと、きっと・・・は

大きく頷きながらハッキリと

 

 

あの素晴らしい愛をもう一度

 

中学生の時に合唱部で唄ったのかな?

この曲、サビの部分

「あの、すばらしい愛をもう一度~」

の、フレーズを出す瞬間がツ~ンと気持ち良い。

 

昭和のフォークソングも唄いたくなるけど

音楽が鳴ると、その時代のことを思い出して

唄い出すのを忘れて聴き入ってしまったりする。

 

中学生頃って、友達と通学路をダラダラ歩きながら

たわいもなく輪唱や合唱して遊びながら下校したりして

よく歌を唄って歩いていた。

 

結構、ぼんやりしていてセーラー服のスカートが

大きすぎてベルトからズルッと抜けてしまい、

歩いてるうちに落ちちゃったとか、、、

あったな。

 

中学生の頃、男子が、、、

若い国語の美人先生のことを好きになっちゃって

何を思ったか先生に「好きです」って告白したとか

家を探して遊びに行ったけど相手にしてもらえなかったと

ショゲていたクラスメイトがいたっけ・・・

 

男子中学生って、年増のオバサン先生のことは知らん顔でも

色気のある女先生に絡むのが好きで、毎度、胸元のザックリ

開いたV字セーターを着てくる離婚間もない数学女先生に

質問攻めで、先生が前かがみになると胸元が大きく開くので

男子達はそれを凝視していたのを観察していた。

 

まあ、そんな時代だった。