私の音楽日記

つぶやき日記

近所の危ない人とのつき合い方の難しさ

 

headlines.yahoo.co.jp

 

暴力団員は生活保護費を受け取れないと知った。

うちの近所に、あれは暴力団員ではないかと疑う

坊主頭のおっちゃんが住んでいるけれども、

しっかり生活保護費を受け取っている。

ときどき市役所に電話を入れて

「金が足りんからもっとよこせ」

と何やら苦情を言っているのを目にする。

 

たまにすれ違うと「オレに挨拶しんかっただろ」と睨みつけて

「オレはな、全身入れ墨だからな」と言って脅してくる。

入れ墨を自慢するので「暴力団なの?」と聞いたことがある。

すると「右翼だ」と答えるので、、、、、??

暴力団員は生活保護費ダメでも右翼は大丈夫ということか?

じゃあ、この逮捕された人も右翼といえばセーフかも?!

 

入れ墨しているからといって暴力団員ではないかもしれない。

けれども「オレの父ちゃんは関東のデカイ組織の頭だった」と

自慢げに話していたし、何度も警察の世話になっていて

去年も警察に逮捕されていた。

 

去年は脳梗塞の手術入院して看護士と口論になり、

手元のスリッパで看護士を叩いたら現行犯逮捕となったという。

 

しかし、おっちゃんは釘を持つ手も震えて握れないほど

握力がないのを知っている。

手術直後に手元のスリッパを振り回したところで

叩くほどの握力があったとも思えない。

それを考えると、ただ全身に入れ墨があり人相が悪すぎて

無収入に等しいおっちゃんは厄介者だから、病院側は

できるだけ早く追い出したかったのがホンネかもしれない。

 

暴力団の幹部にもなると病院も手厚いだろうけれども

下っ端になると、生活保護も受けられず病院は追い出されで

こういう人達は善良に生きていく道があるんだろうか?

 

安易に生活保護費を受け取って欲しくないけど

どういう基準で生活保護費が支払われているのか

気になる。

 

近所のおっちゃんも、生活保護を受け取りながら

近所の人達の家の修理をしてやると善人ぶっては

ご老人から日銭を数万円もたかっているらしい。

 

相当に収入がありそうなのに、知人のところに

金を貸してくれと言いに行くらしいので・・・

みかじめ料でも払ってるのと違う?と思うことがある。

 

でも、近頃、テレビのニュースを見て思うのは、

極悪非道の悪人が逮捕を拒んで逃走中の事件が増えていて

指名手配中の顔写真が穏やかな表情だから善良な市民に見える。

 

近所のおっちゃんはいかにも悪人のような顔つきをしているけど

何をすれば逮捕されるかは心得ているので、この辺に住む以上は

事件を起こさないように細心の注意を払っているのがわかる。

今は悪人顔よりも善人顔の人のほうが危ないのかもしれない。