私の音楽日記

つぶやき日記

時をかけるおばさんになりたくて

 

             f:id:waltz-123:20180328233138j:plain

 

 

時をかけるおばさんになりたくて

近所の食品スーパーで

ラベンダーを買ってきた。

 

時をかける少女というと透明感のある

制服を着た原田知世が浮かんでくる。

同時にラベンダーの香りが漂ってくると

時間の渦に巻き込まれ不思議な空間に

たどりつけそうな気がしてきた。

 

昔、原田知世に似ていると言われたことがあった。

作家筒井康隆氏のジーザズ・クライスト・トリックスター

の本を購入してサイン会にでかけた時に

筒井氏は私を見るなりサインする手を止めて

えっ?と目が飛び出しそうなぐらい驚いた顔で

声も出さずにしばらくジッと私を凝視していた。

    

  

昔、そんな一瞬があった。

 

30年以上の時を超えて

今、おばさんの年頃になってみると

まったく似ていないと思う。

 

超現実的なことをいえば・・・・・・・

ラベンダーは蚊を寄せ付けないハーブといわれるので

蚊を撃退してくれるんじゃないかと期待して

4鉢購入して最も蚊の多い中庭に置いてみた。