私の音楽日記

つぶやき日記

信念と柔軟性

 

今日、ピアノの先生にレッスンを受けている時に

雑談になった。

偶然にも「信念」と「柔軟性」についての話題になった。

 

「自分の信念を貫き通してテーマを突き詰めようと思う時

 柔軟な考えを持つ人が能力を伸ばすんですよね」と私。

 

先生も「そうなのよ」と。

「柔軟性が重要なのよね・・・」

 

よく大人がピアノを学び始めても、子供に比べると

その成長が見込めないと言われることがあるけれども、

実際はそんなことはないと思う。

 

子供は新しいことを吸収するだけなので、余計な情報を持たず

何も知らない分だけ柔軟で、素直に物事を受け入れてくれるので

覚えは早いけれども、何の疑問も持ってはいないので

感覚的な受け止め方で、論理的にはわかっていないことが多い。

 

そして楽しいことが通りすぎると飽きてきて、

探究心までは持たない子が大半なので、大人のように

執着して深い部分まで知ろうと探ったり試す子供は少ない。

 

子供は柔軟性はあるけれども、信念を持って行動するまでは

行きつかない事が多いので、根気強い親のバックアップが

必要になる。

 

一方、大人は豊富な知識と経験があって論理的だけれども、

これまで学んだ知識にない事や違った方向から指導すると

「これまで私が学んできた事を否定するつもりですか?」

と、たいてい頑なに拒まれる。

この点が柔軟性があるといえないところで難しい。

 

そして

「私は、ただピアノを弾いて楽しみたいだけですから」

と、自分のやりたいことだけを受け入れると宣言されて

完全に防御される。

 

ピアノ経験のある大人の人は、これまで学んできた延長線で

学びたいと思っていることが多いのは理解しているけれども、

先生も人間で、皆、同じことを教えるわけではないし、

それぞれにやり方も思考も違うので、指導法がまったく

異なるのは当たり前である。

だから、否定するつもりはなく、ただやり方が違うだけでも

理解されにくいのだなと感じる。

 

いつかこんな曲を演奏したいと高い理想を持って話されて

それを演奏したいなら、これだけのことは努力しましょうと

レッスン開始してみても、結局、理想と現実のギャップが

大きすぎて、そんなに急激な上達があるはずもなく

時間をかけてコツコツ積む努力はしたくないとなれば

頭の中で描いた理想が空中で崩壊した瞬間に

「やっぱり忙しくて練習する暇がないのでやめます」

と言われてガックリきてしまうことがある。

 

その時、これまでのことはいったん区切りをつけて

まず指導する人の言葉に耳を傾けて、とりあえず向き合う

柔軟性を持ち合わせていれば、新たな発見にもめぐりあえる。

時代と共に、過去に身につけたことも使えなくなることもあり

古いことへの執着が成長の妨げをしてしまうことがある。

 

だから何かを新たに学ぼうとする時、進もうとする時は

全く違った視点で物事を眺めてみること、他人の言葉に

耳を傾けて受け入れる柔軟性がある人は能力を伸ばすし

視野が広がり、その先の人生をより楽しむことができる

 

ということに気づいている大人がどれほどいるだろうか?

大人の場合、その柔軟性の違いが能力の差を生むことが

あるかなと思ったりする。