読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の音楽日記

つぶやき日記

BPO、問えないのではなく、法的手段の行方を見守るではないのか

 

headlines.yahoo.co.jp

 

BPO 2.ASKA氏逮捕報道でのタクシー車載映像使用などについての討議

http://www.bpo.gr.jp/?p=8931&meta_key=2016#h_02

 

ヤフーニュース記事を読んだ。放送倫理違反、問えないと出ていた。

けれども、BPOを読んだかぎりは「問えない」とは出ていなかった。

「問うことは難しい」と書かれてあったし、また付け加えて

ASKA氏が法的手段を進めている」ことなどを勘案して見守ると

出ていたので「問えない」とは違うのではないか。

マスコミは問えないと結論づけたのかもしれないけれども

BPOは問うのは難しいが法的手段の行方を見守ると

含みを持たせていた。

 

それでも、法的手段を進めるかを模様眺めするよりも

行き過ぎた報道について、きちんと認めて

責任を持たないといけないのではないか

 

マスコミは、ほぼ有罪になるだろうと決めつけて

様々な識者を登場させて報道していたのを見ていた。

かなり人権無視な報道を繰り返していたわりに

無罪になったら知らん顔しはじめた。

 

最近、私は対人関係で、とても気分の悪くなる問題が起きた。

その時、相手の方から「うちの子は悪気ないので何をしても自由です。

暴力的な言葉で相手を傷つけようが、何をしようがいいんです。

でも、あなたから注意を受けるのは嫌です」ということだった。

 

何故、私が筋道の通ることを話すのは受け入れられず

悪気なければ相手の暴言が許されるのか?

まったく納得いかなかった。

そんな話は通らないと話すと先方さんは憤慨して

私の前から去った。

 

マスコミも、自分が間違っていようがそこは触れず

常に、相手を暴力的な言葉で攻め続けるところがある。

間違っていたとは訂正することも詫びることもなく

知らん顔して、忘れ去られる時を待つ。

 

テレビで言いたい放題の暴言を吐く番組が増えているけれど

一般人達がそれをカッコイイと勘違いして真似る人が多くなり

「暴言吐いて何が悪いんですか?言論の自由を奪わないで」

という態度の人が現れるので、私は困っている。

 

近頃、常識の通らない人が増えている世の中なので、

公共性とか放送倫理とか、もっともらしい事を並べて

言い訳せずに、きちんと謝罪するべき時は、

素直に「ごめんなさい、もっと慎重にするべきでした」

と反省して伝える心が大切だ。

きちんと言葉に出して言わないと通じない。

そんなことを責任のなすりつけ合いのために

いちいち討議するのもバカバカしいと思った。