私の音楽日記

つぶやき日記

化石

 

 

何年か前に友人と余興で連弾演奏した作品で

聴いて下さる方が多いなぁと思ったら

検索トップに出ていたのを、今、知った。

 

検索の力って凄いね。

なんかわからずにクリックしてしまうだけで

このぎこちない演奏が流れてしまう。

 

サンサーンスの動物の謝肉祭の作品で「化石」。

恐竜のホネがポキポキ音を鳴らしながら

踊っているような感じの曲でおもしろい。

 

動物の謝肉祭というと、優雅な「白鳥」の曲が有名で、

フィギアスケートで使用されていることがある。

 

私、「化石」みたいだよなぁ。。。

テレビを見ても、はぁ? 誰なの? この人?

何のテーマを喋ってるの?意味がわからない、、

ボ~ッとテレビの前で考えていると番組は終わっている。

デジタル化、高速スピードの波にはついていけず

ジッと考えてみては少しずつ手作業で物事を動かしていくような

時代遅れの「生きた化石」生物になりつつある私。

 

なんかね、、スマホに動かされている人達を見ていると

ロボットに操られている人間のように見えてしまい、

無表情で歩きスマホしてる人の丸まった背中が哀れでおかしい。

そこまで何かにしがみつかなくちゃ生きられない時代なのか、、、

人間の動物的な感覚が失われていくようで恐ろしい。

だからスマホは持たない。

 

検索で先回りして何かを知ることに得があるとも思わないし

まず自分で考えて試行錯誤して、散々のろのろ回り道をして

自分流を見つけることこそが楽しい。

生き急ぐこともないのだし・・・

一見、何も持たずに動かない化石のようだけど、心と頭の中は

常に動物的な匂いや感覚を冴えわたらそうとアンテナを張っている。

音楽をするのに、そういう研ぎ澄まされた感覚は大事だからね