私の音楽日記

つぶやき日記

ASKAさん無罪を確信していた理由

 

ASKAさんが逮捕されて間もない頃から

誤認逮捕ではないのかと疑っていたので

無罪になるだろうと予想していたら

案の定そうだった。

 

ここまで拘留期限を延長する理由があったんだろうか?

唯一、ASKAさんはハードすぎるダイエット施設によって

痩せることができたことに収穫があったかもしれない。

 

12月8日(木)に厚生省麻薬取締官が有印私文書偽造で逮捕された。

裁判所に捜査に必要な書類を作成するために嘘の書類を作成した罪だ。

 

覚せい剤事件の捜査令状を取るために偽証書類を作成した。

 

麻薬取締官奥村憲博氏が個人で行った犯罪とは思いにくいので

組織的に行った行為について責任を取らされたのだろうと思った。

 

このタイミングで翌日にASKAさんの拘留期限延長は決定した。

結局、早い時期から物証は出てこないことはわかっていたのだと思う。

警察の失態を隠すために拘留期限延長を使ったのではないかと感じた。

 

少なからず、警察でも物証は必ず後から見つかるだろうから

捜査令状を取るために採尿でクロにしておけということが

あったかといえば否定できないのではないか。

 

何故なら、自宅トイレで適当に採尿をしていた事実は

警察にとっても曖昧な採取の仕方をしておいた方が

都合が良かったということにもなるからだ。

 

ろれつが回らずに意味不明な言動をしていたというのは

病院処方の薬を飲んでも起きることなので、

警察官が前科のある人は、必ず再び犯罪を行うと決めつけから

こういった展開が待っているならば、本当に恐ろしいことで

警察から疑われたら誰もが逮捕されて拘留されてしまい、

無罪を証明できないととんでもないことになる。

 

また、これまで警察からの情報を速報で文春が垂れ流してきたことが

今回は皆無だったので、こちらも常に共依存でやっていたのが

はっきりしたような形になった。

文春は警察から情報を買って裏どりしたことを記事にしては

売り上げを伸ばしていたんじゃないのかと妄想した。