読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の音楽日記

つぶやき日記

夫、大たい骨頸部骨折で手術入院後4日で退院

 

夫が12月5日午前7時過ぎに自転車で職場に向かい

スマホ運転の車を避けようとして転倒し大たい骨頸部骨折し

整形病院から市民病院にまわされて、検査後に即手術入院した。

その2日後には立ち上がって歩けるようになり

術後4日目には杖をついて歩けるようになった。

 

病院の規定によれば、大たい骨頸部骨は3週間の入院が必要で

その後、リハビリ施設に転院して2~3か月のリハビリを行い

来年春頃から、ようやく自宅で日常生活が送れるという。

「そんなに時間をかけていられないですが・・・」と話したら

「お気持ちはわかりますが決まりごとですから」と言われた。

 

昨日、警察に緊急に用ができて、一時的な外出許可を頼んだら

「決まりなのでできない」と断られてしまい、

「退院すれば、好きなようにできますから」というので、結局、

追い出されるような形での退院となった。さすがに公共病院。

全く融通がきかない。

 

60歳を過ぎているので治るまでに時間がかかると思ったら

事故から10時間以内の手術であれば、殆どダメージがなく

術後すぐに歩けるようになることを知った。

 

今日は、鍼灸さんで傷口周辺の筋肉を柔らかくして

血行促進して傷口を塞ぐ、骨がつきやすくするよう

鍼と電気治療をしてもらった。

 

1か月以内に完治すれば来年早々から仕事場に復帰できるので

ちょっと長めの冬休みと思って、身体をメンテナンスしながら

のんびり過ごすにはちょうど良いのだろうか。

 

痛みにも2種類あって不快な痛みと、程好く気持ち良い痛みがある。

病院でシンドイが加わると身体中がコリまくって、痛くなかった所まで

痛くなり身体全体が重だるくなってくる。

 

まあ、早めに退院させてもらい、家でのんびり過ごしながら、

適当に歩いて、大好きな鍼灸さんで程好く痛気持ち良さを味わって

娯楽番組でも見て楽しんでいた方が回復も早いかもしれない。

 

病院の医師からは「鍼灸なんて効くわけがない。そんなものは偶然です」

と言われたので、偶然ではなく骨折治療に東洋医学は科学的に

有効であることを実証しようと思う。