私の音楽日記

つぶやき日記

昔、客引きの兄ちゃんが・・・

headlines.yahoo.co.jp

 

 

昔、この錦三丁目辺りで文化関係の仕事をしていた時期に

仕事の終りが夜9時半過ぎになることがよくあって、

歓楽街を通り抜けて地下鉄乗り場に向かっていたので

たまに客引きの兄ちゃんに呼びとめられていた。

 

兄ちゃんはリーゼントのひさしの出っ張りが大きくて

痩せ気味で、洋服の色は忘れたけれども

すぐに客引きとわかる店の出入り口に立っていた。

 

「やぁ、こんばんは~

 今、仕事の帰りなの?

 このあたりは危ないからね、

 気をつけて帰らなくちゃいけないよ

 おやすみ~、気をつけるんだよ~」

 

通る度に声をかけてくれるので、私も挨拶しては

「うん、どうもありがとう、おやすみなさ~い」と

返事をして通っていたけれども、気を使ってくれて

優しいお兄ちゃんだなと思っていた。

 

ある日、声をかけてくれたお兄ちゃんが消えてしまい

歓楽街を通り抜けるにも、お兄ちゃんの声がないと

不安を感じていた。

 

しばらくして、同僚の先輩から言われた。

「あのね、客引きの兄ちゃんね、

 指名手配犯だったの!逃げたらしいよ」

 

え~~~~!!!!

「気をつけて帰るんだよ」と言ってた

あの兄ちゃんが危ない人だったの?

 

でもね~

何度考えても悪い人に思えなかった。

よほどのことがあって一線を超えちゃったのかなぁ、、、

 

きっとね、、

あのお兄ちゃん、逃亡しながら

まともな人生を送りたいと思った日が

あったんじゃないかなぁ?