私の音楽日記

つぶやき日記

バッハ作品を学びたくてピアノの先生を探すと見つからない

 

平均律クラヴィーア NO.5 BWV850 

このあいだNo.6のBWV851を勉強して、No.4と5を飛ばした。

次に何番をやろうかなと考えたけど、前回は短調だったから

やっぱり今回は長調の5番にしようか。

私は平均律クラヴィーアを演奏できるようになるのが夢で、

35歳を過ぎてからピアノを始めた。

 

ところが「平均律を学びたいからピアノを教えて下さい」と

問い合わせると「教えられません、お断りします」と、まず断られる。

はっきりいえることは平均律を指導できる先生は指導能力が高い。

 

私も田舎に住んでいるけど、バッハ研究者の市田儀一郎氏から

バッハを学んだあ~た先生から指導を受けている。

けれども、あ~た先生は「市田先生から何も教えてもらってないわよ。

難解な本を買わされただけだわね」と謙遜しておっしゃっていた。

それでも、あ~た先生のバッハ指導は素晴らしいし成長させてくれる。

 

本当に優れたピアノの先生に学びたい時は

いつかバッハの平均律を学びたいからピアノを教えて下さい

と問い合わせてみると良いです。

 

ジャズピアニストの山下洋輔も、プロのジャズピアニスト活動を始めて

しばらくしてから、バッハの重要性を感じて独学で始めたと何かで

話していた記憶があるけど、クラシック、ジャズ、ポップス問わず

バッハの平均律はすごく良い勉強になるのだと思う。

もちろん独学でも弾けるようになるし、学んでいても

自力で勉強しないと弾けるようにはならない。

 

バッハとかモーツァルトの古典の時代は

コード進行がわかりやすいかもしれないかな・・・

印象派までくるとそういったものが崩れてわかりにくいけど

古典作品は、5度進行、長調短調の繰り返しとか

音の流れや変化を理解しやすい。

 

ゴールデンボンバーだったっけ?動画サイトで

音楽を聴いてみたら、ああ、バッハのトッカータあたりを

参考にしているのかなと思った。

 

ビジュアル系バンドは、結構、クラシックの古典作品から

16分の3連符を取り入れて真似ているのかなと思うことがあるし

XJapanも初期の頃はクラシック作品を参考にしていたのかな?

 

私はコードで考えるのが苦手で長短で考えるけど、

バッハ作品てコードのわかる人にとっては

コード進行の理論がわかりやすいのかもしれない。