読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の音楽日記

つぶやき日記

第2回ヤマハピアノフェスティバル 参加者募集

 

 

          f:id:waltz-123:20161005190905j:plain

10月1日からピアノフェスティバルの申し込みが始まった。

締め切りは11月30日。 

2017年1月15日、21日に部門別大会が開催される。

 

全国規模でヤマハジュニアコンクールが開催されていて、 

フェスティバルは店別大会(予選)のようなものだ。

私は自宅で個人ピアノ教室をしているけれど

ヤマハ特約店さんと契約しているので、この案内を頂いた。

うちの生徒さんが希望すればこれに参加することができる。

ただし、個人で習う生徒が上手く演奏しても

楽器店所属先生の生徒さんが優遇される話を聞いているので

入賞などは期待しないように説明しないといけない。

 

参加者が多いので、課題曲はリピートなしで制限時間内に演奏すること。

地方のピアノコンクールと比べると課題曲の難易度は高くないけれど

豊かな表現力が求められる。

 

発表会は家族や友達が聴きにくる場で楽しんで演奏できるけれども

こういったコンペティション形式の場では審査員の先生方が

聴いておられて演奏後には講評用紙が配られる。

先生によって厳しかったり優しかったりするけれども

日頃、採点されることのない演奏に評価がつくので

それも良い経験になるかなと思うと、生徒さんが

希望すれば経験してみるのも良いのではないかなと思う。

 

f:id:waltz-123:20161005190915j:plain  

f:id:waltz-123:20161005190930j:plain

 

これはピアノの演奏力を競うフェスティバルで、特にヤマハ限定ではないので

外部からの参加も認められている。

 

 

たぶん、今でもJOC(ジュニアオリジナルコンサート)というオリジナル作品の

作曲コンクールがあると思うけれど、それはヤマハ教室に通う生徒さん限定の

オーディションなので外部者は参加することができない。

 

特に、幼児教室を終えて選抜のJ専門コースのオーディションに合格すれば

演奏力以外に、即興性や作曲に必要な楽典なども楽しく学ぶことができるし、

作曲コンクールの応募の権利が得られる。

 

最近、ポップスピアノ弾き語りやピアノ譜などが販売されると

JOC出身の人が伴奏アレンジする機会が増えているのか

ピアノ伴奏がヤマハっぽいと思うことがある。

 

J-popの歌手でヤマハ出身者はいるんだろうか?

小室哲哉はエレクトーン科出身というのは聞いたことがある。

 

ヤマハ幼児科やジュニア科で学んで、将来はJ-popミュージシャン

というのもあるかもしれないけれど、もっと身近なところでは

9級~6級までのグレード資格取得可能で、幼稚園教諭を目指すのに

役立つことがある。

 

たまにヤマハ教室ってどうなんですか?と尋ねられることがあるけど

グレード合格証を持っていたから幼稚園の先生になったという人の話を

たまに聞くことがあるので、お子さんが興味を持っていれば親子で

グループレッスンを経験してみるのも良いかもしれない。