私の音楽日記

つぶやき日記

高千穂の神様

 高千穂峡

f:id:waltz-123:20160920131602j:plain

 

天照大神の隠れていた 天岩戸の洞窟近くの様子

f:id:waltz-123:20160920131545j:plain

 

私25歳当時、妹が結婚して7年間ほど宮崎県日向市に住んでいた。

私は体調を崩したり、当時はストーカー規制法がない時代で

家に居ると問題が起きたので、体調不良もあり

しばらく療養を兼ねて妹の家に身を寄せていたことがあった。

 

その時、日向から延岡に向かい、そこから高千穂鉄道に乗って

高千穂峡に向かうのが楽しかった。

 

ちょうどその時期は、金子裕則さんが延岡に戻り療養していた頃と

気づいたけれども、合歓でお会いした頃より3年程経過していたので

お元気になったかなと思いながらその駅を通り過ぎていた。

 

あのガッタンゴットンと緩やかな1両編成の高千穂鉄道が楽しくて

高千穂峡が近づきのどかな田園風景が広がり始めるとわくわくした。

穏やかな町の人達の顔が、皆、神様の使いのようにみえてくるのが

不思議だった。

 

国見が丘に立つと雲海がみられる時期がある。それが見られなくても

そこから眺める景色は素晴らしくて、日本神話に登場する神様が

降りてきた地域と思えるほど美しく心の落ち着く場所だった。

 

高千穂は夜神楽が有名で、その頃に私の勤務先のオーナーが

民俗学研究博士なので夜神楽について少しだけ話を伺ったことがあった。

 

日本神話に登場する天照大神が隠れてしまったという天岩戸神社

神秘的な天岩戸(あまのいわと)の洞窟に入ってみたことがある。

ヒンヤリとした黒っぽい岩に囲まれた小さな場所に祀られてあった。

 

天照大神が天岩戸に隠れてしまい太陽が出ずに夜が続いてしまっては

農作物が育たない。なんとか天岩戸から外に出そうと女神たちが

夜通し踊ったという言い伝えが夜神楽になったと教えられたと思う。

 

天照大神は女性で太陽の神様。

太陽の神様が洞窟に隠れてしまい、夜が続いたということらしい。

なぜ、隠れなければならなくなったんだろう?

月の神様が夜の世界を続かせたかったのだろうか?

月の神様とは誰のことかといえばツキヨミという男の神様がいた。

天照大神の弟である。そして、ツキヨミの弟にはスサノオがいる。

イザナギを父として3人の子供達がいるのを知った。

ツキヨミとアマテラスは姉弟関係にあるのはわかったけど

なぜ姉は弟に怯えて姿を隠してしまったかはわからない。

 

日本神話をあまりよく知らないけれどギリシャ神話の

ように色々な神様が登場しておもしろい。

暇な時に調べてみようかと思う。