読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の音楽日記

つぶやき日記

音楽は禅問答に似ている

エリーゼのために

 

たまに友人からどうすれば演奏が上達するのかと問われることがある。
その時には、はっきりしたことは言わないようにしている。
何故なら、それを言っても友人に理解してもらえそうにないから。

 

友人は具体的に何をすれば上達できるのかを尋ねていると思う。
けれども、師から言われた通りのことを学べば上達するわけもなく
何のために、それを学ぶ必要があるのかを理解して
自分でそれをじっくり追究して高めなければ何も見出すものがない。

 

それを説明すると、たいていの人から返ってくる言葉は
「私は仕事があるから忙しい」「主婦だから家族に申し訳ない」
そんな逃げの言葉しか返ってこない。

 

たいがいの人は最も最短ルートで上達する方法を教えて欲しいと
尋ねていて、具体的な方法論と結果(回答)だけを求めているとわかる。
けれど音楽には明確な回答はなく、自分の芸術性を磨いて高めるよりほかない。

 

音楽は、家族、健康、人間関係など不安定な要素があり雑念があると集中できない。
ただ音楽とだけ向き合う時間は感性を最大限に研ぎ澄ます必要がある。
それは私にとっては禅問答にも似たところがある。

 

「自分で考え抜いて自分のスタイルを生み出すことが大事」と話すと
たいてい「そんな高尚な異次元のような事を言われると
話についていけない」と嫌われてしまう。
私は何を間違ったことを話したのか未だによくわからない。

たいがいこういう話をすれば友人を失うことになる。

 

師に悩みを打ち明けると
「だって、あ~たように真剣に音楽と向き合う人なんていないもの。
 あ~たみたいな人は珍しいのよ」と笑われる。

 

このブログやってて良かったなぁと、心からそう思った。

desi-kamoさんに、本当に素晴らしい最高のコメント頂いちゃって

涙がこぼれたよ

嬉しすぎて感動の涙。

出会えて良かった

本当にありがとうございます

 

desi-kamoさんのミスタッチで行方不明じゃないんです。

私の大チョンボで、コメントを承認しないと表に出ないという

ことを忘れていたんです。申し訳ございません。m(__)mm(__)mm(__)m

平謝りです。 た~くさん、返信いたしました。