読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の音楽日記

つぶやき日記

Pianistヤーヌシュ・オレイニチャクの昔と今

映画は違うのにどちらの作品もショパンのバラード1番を演奏する

ヤーヌシュ・オレイニチャク(Janusz Olejniczak)

ポーランド生まれ

第8回(1970年)ショパン国際ピアノコンクール6位入賞を果たす

日本人演奏家内田光子が2位入賞の年と同じ年のエントリー。

若い頃は映画出演などして演奏活動の傍ら俳優業をしていて

自称ショパンにソックリと思い込んでいるアーティストである。

現在は、権威あるショパン国際コンクールの審査員の一人で

美青年だったのが権威ある先生の風貌になり随分と変化した。

 

 

ソフィー・マルソー主演 愛人日記ではショパン役で出演している

  ショパン バラード1番 

 実際にショパンが使ったピアノかはわからないけれども

プレイエル社のピアノっぽい音がする

 

戦場のピアニスト 演奏吹き替えヤーヌシュ・オレイニチャク

ショパン バラード1番

暗くてよくわらかないけど、たぶん音色はスタインウェイピアノぽい

 

 

 

 今のヤーヌシュ・オレイニチャクは

昔の儚げな美青年の面影が、まったくない

前半はショパンマズルカ演奏、後半からポロネーズOp53

響きすぎる会場での演奏で金属的であまり音質が良くない。

]