読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の音楽日記

つぶやき日記

エリック・カルメン(67歳)の今現在

世界歌謡祭 - ヤマハ音楽振興会  

 ウィキペディアでは世界歌謡祭ゲスト出演1978年になっていた。

HPで調べたら1979年になっていたので、Wikが間違い。

 

1949年8月11日オハイオ州クリーブランド生まれ。

エリック・カルメンは大学入学後の1972年Raspberries(ラズベリーズ)を結成し

ロックバンドのボーカルを担当していたが、1974年恋愛トラブルで解散に至る。

1975年ソロ活動を始め、ソロでAll by my selfをリリースし1976年には全米2位の

大ヒットとなる。若く見えていたがヒットした時の年齢は27歳だった。

 

1978年29歳でマーシー・ヒルと結婚したが多忙を極めた時期で

翌年には離婚した。

1979年ヤマハ振興会主催世界歌謡祭のゲストとして来日し

1980年には中野サンプラザで日本公演が行われた。


1985年までは作詞作曲に集中するためオハイオに戻るが、

この時期からスーザン・ブラウンとの交際が始まる。
1992年に結婚、1997年長男クレイトン2000年長女キャサリン誕生し

二人の子供に恵まれる。2000年、リンゴ・スターと演奏ツアーを行うが

1998年から2013年までの間、エリック・カルメンは引退していた。

 

引退していた理由については、ビジネス作品と真実の間にある

様々なことを知ったことにより音楽業界に対して嫌悪感を覚え

音楽を続けられなくなったということのようだ。

 

2008年にはアルコール依存症による飲酒運転で逮捕された。

そして30日間の刑に服した。

2009年には2度めの妻スーザン・ブラウンとの離婚が成立する。

 

2013年12月に1970年代、80年代のアルバム作品を発表する。

その後、1972年に結成したRaspberries(ラズベリーズ)を再結成し

バンド活動を続けている。

現在は元KCBSTVリポーターのAmy Murphy(エイミー・マーフィー)

と交際中である。

 

15年間も音楽業界に不満があったため引退していたそうで

実質、アルコール依存症になって音楽活動ができない状態に

陥っていたんではないだろうか?

1975年~1985年までの間の大ヒット以降は、殆ど

新しい作品を出すことがなくなり、今現在も学生時代に

結成したバンド時代の作品を唄って過ごす日々を送る。

 

20代で大ヒットに恵まれると音楽業界に翻弄され続けて

40代になる頃には、その音楽もクラッシュしてしまい、

60代になり人生の終盤にさしかかったところで

ようやく本当にやりたかった音楽と仲間に恵まれる

今、真の喜びに満ち溢れた表情のエリック・カルメンだった。

老いることで浄化されることもあるのを知った。