私の音楽日記

つぶやき日記

純粋を誰に利用された?

 

 

8月11日「未来に告ぐ」この詩の最後に

「人の純粋を利用してはならない」

と気持ちを込めた1文がある

 

この詩、どうしても見過ごせない

今、解決しないことの核心部分と

感じたからかもしれない

 

私、2013年に未来が見えなくなりそうなできごとが起きた

人の人生を狂わせるようなことを積極的に推し進めて

自分の企業の利潤をあげようと企てる会社がある。

この悪徳企業が国からも助成金を受けているらしい

 

そういう企業に生活を奪われた

竹中平蔵氏のやり方はどす黒い。

血も涙もない人物に思える

この人こそ裁かれるべき人物だと思う

善人ぶった悪人で

優等生ヅラしたヤツほど腹黒い

 

 

 屈してはいけないと奮起しながら

八方塞がりになりそうなところを

無理矢理でもこじ開け生活している

正直、腹立たしい

 

「未来のある企業」には

多くの問題がある

あの会社潰れてしまえと思う

被害に遭った私の視点でのお話

 

そうはいっても生きている限り

時間が動いているので

立ち止まるわけにいかず

自分にやれることを見つけて

前に進まなくちゃいけない

 

 

700番では「未来のある企業」を

かばっていた、本心を語れずだった?

何か重大なことがあったと読んだ

 

スクロールはヒントが

そこに隠されているから

そう解釈している

では全て読みますね

 

 私もASKAさんとは

全く別のところで

同じ「未来のある企業」から

イタイ目に遭わされた