私の音楽日記

つぶやき日記

かくれんぼ

   ああ、、聴いてみるとだいぶ違う

 声の成熟もあるけど、発声法を研究して変えてきているから?

 ]

 

「かくれんぼ」

私が小学校入学してすぐに
校内の詩のコンクールで
入賞したタイトルだった

 

五十音順の書き方を覚え始めて

文章を書くのもままならない時期に

箇条書きとは何かを学ばされ

生まれてはじめて、思いつくまま

たどたどしい手つきで文を作った

 

 桑の木の生い茂った
薄暗いジャングルを抜けると
水たまり池の広場があった

子供の集まる秘密基地

 


ジャン・ケン・ポン!

この書き出しから始まる

 

大きなドングリの木の下で
仲間の元気な声が響き渡り
鬼さんの目隠しを背に
皆、散り散りバラバラ
方々へ隠れ場所を探し

消えてゆく

 

もういいか~い?
ま~だだよ

 

もういいか~い?
ま~だだよ

 

少しずつ声は遠のいて
そして

もういいか~い?

 

静かになった辺りを見回し
鬼さんはあちこちを探し回り
一人、またひとりと

仲間を見つける

 

あの子が見つからない

どこに消えたんだろう

草影が風でかすかに揺れた

 

イムリミット寸前で
微生物が縮こまるように
息をひそめて隠れている
きみのこと見つけた

 

さて

いつ声をかけようか

 

air_classicさん 

見つけたよ

怒りについて

なるほど

おもしろい