読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の音楽日記

つぶやき日記

改造マニアなんです

f:id:waltz-123:20160809155023j:plain

 これはグランドピアノ内部にあるもので 釘が出ている

左揃えの釘の並びはヤマハ仕様、中央揃えはスタインウェイ仕様とか

この部分で音色を変化させることができる

 

 

ヤマハピアノといえば世界で3本の指に入る

素晴らしい楽器メーカーだけど蓋を開けてみると、

ペランペランの目茶苦薄っぺらい3mmぐらいの

フエルトが貼ってあるだけで超ドケチ!

さすが!YAMAHA! 昔から節制好きだけど

客に売る商品までケチるか!と思うことがある。

 

その薄っぺらいフエルトをハンマーで叩けば高音部がキンキンと

金属的で金切り声のヒステリックなオバサンがわめき散らす感じ。

少なくとも音楽的な音ではないので頭が痛くなってくる。

それが、YAMAHAピアノ

 

このブサイクで超ヒステリックなおばさんを

いかに高級感あふれるセレブに改造するかが問題で

腕の良い調律師に美容整形みたいな改造を頼む。

 

「すいません。これ美人でエレガントでしなやかで

 一見、高級にみえるセレブに改造して頂けませんか?」

 

「まあ、やるだけやってみるわ」

 

何年か前に、殆ど全部分解してもらって改造した。

3mmのフエルトを7mmまで分厚くしたら

だいぶソフトなオバサンになってきたんだけど

それでも、どこか感受性が足りないマヌケた感じで、、

あれから何度もプチ整形を繰り返していて、

最近、少しは上品に落ち着いてきたかなぁ。

 

普通30万円ぐらいかかりそうな改造だけど

なぜか5万円でいいよとマケテくれたので

多少傷があってもダイジョウブ

 

ヤマハびいきの職人に頼むと大した変化なしだけど

スタインウェイに慣れた調律師に改造を頼むと

ヤマハが若干スタインウェイぽいの色合いを帯びるから

純和風のヒステリックオバサンが、あちこちいじられて

大幅にハーフ系のソフトなオバサンに改造される。

 

ヤマハピアノって音色が少ないのが問題で柔らかさがない。

赤、青、黄色みたいな3原色ぐらいしか感じないから

ピアニッシモもピアノもフォルテも違いを出しにくかったりする。

スタインウェイに近づくと音色が豊かになるから

もっと繊細にグラデーションがつけられる。

スタインウェイほど超セレブじゃなくて良いけど

そこそこ品の良いセレブを味わいたいからいじる。

 

なんか、低音がダイコン足ぽくて

まだ納得いってない

 

もうちょっといじれば、もっと美しくなるんじゃないか、、

美を求めて本当に改造を始めるとキリがなくなってくる

 

うちに来てくれる美容整形改造してくれる調律師さんが

改造マニアなものだから、散々、いじってから

「今日ね、まあ、タダにしておくわ」と言い残して

切り屑を散らかし工具を置き去りにして

ものすごい勢いで帰っていったことがあり、、、

逆に、失敗したんじゃないかと心配したことあったけど

案外大丈夫だった。ギリギリセーフでダイジョウブ。

 

「調律してね」と頼んでも、別の事をして

調律忘れて帰ってしまうこともあるし、、

いつだったかも

「ボクが調律するとかえって状態悪くなるといけないからさ、

今日、調律やめて帰るわ」雑談して帰った日があったり、

 

いい感じでズレテルのは調整の必要ないからね

大丈夫、ダイジョウ

 

※これ、ピアノの話だからね

 私の全てのパーツは一切改造しておりません