私の音楽日記

つぶやき日記

エイミー・ワインハウスのSomeone to watch over me

 

 

 

/

 

エイミー・ワインハウスのSomeone to watch over me

溶けだしたアイスクリームみたいで

聴いていると抜け感が心地良くなってくる

エイミー・ワインハウスは2011年27歳の若さで急死した。
他界する数か月前のコンサートでステージ上で悪態をさらすなど
問題行動を起こしていた。、その頃にはアルコールの飲みすぎで
肺気腫が起きて肺活量が落ちていたという。

 エイミ―・ワインハウスの薬物中毒、アルコール依存による
奇行の数々は、海外メディアでは度々面白可笑しく
取り上げられていたけど、彼女の歌唱力はずば抜けていた。

 男性との出逢いが人生を狂わせたと報道されているけど
薬物やアルコールに潰されずに歌い続けていたら
素晴らしいジャズシンガーに育っていたに違いなかった。

チャーミングで大人びたエイミーのハスキーボイスを
もう聴くことができない。